哲学の並木道

自分のための自分語りブログ

さよならポケットモンスター

ポケモンがずっと大好きだった。

ずっと悲しい気持ちが拭えなくて、いつまでもTwitterのTLを汚してしまいそうだから、ここに吐き出してしまう。

今のポケモンが好きな人は読まないでね。

 

 

出会い

当時の家庭環境は最悪だった。私一人だけが家族として扱われず、娯楽も一切与えられなかったので、一人自室で絵を描くことで空想の世界に逃避し、心の安定を保っていた。

 

ポケモン赤緑が大流行した頃、テレビも漫画も触れる機会のない私は、クラスメイトより少し遅れてポケモンと出会った。当時9歳。

現実とは違う、不思議な生き物と仲間になれる世界。みんなが思い思いのポケモンを仲間にする、自分だけの物語。

こんな世界に行けたらいいな。こんな強くてかわいくてかっこいいモンスターと仲間になりたいな。

 

それは、私の空想の世界をより鮮やかにした。

オーキド博士の言葉の通り「夢と冒険の世界」だった。

 

当然ゲームなど買ってもらえないので、友達に緑や銀を貸してもらったり雑誌の付録のシールを見せてもらったり、なけなしのお金でフィギュアのガチャガチャを回したり、夢中になってポケモンを楽しんだ。

当時はシャワーズフリーザーが大好きだった。

殺伐とした現実で、ポケモンは夢を与えてくれて、心の支えになった。

 

思い入れ 

大人になってからは、自分が世界の主人公でないことを知って、主人公を自分に重ねる気持ちは薄くなっていったが、ポケモンを探し歩いたりお世話したり戦ったりするとき、間違いなく自分は主人公としてポケモンと共にいた。

 

私はずっと、ポケモンを「意思を持ち、自分と一緒にいてくれるもの」と感じていた。単なる架空のキャラクターとは思えなかった。

初代ではなつき度というパラメータこそなかったものの、自分がライバルを打ち負かしてチャンピオンになれた理由を「愛情と信頼」だとオーキド博士は言った。一緒に旅してきた仲間との関係を讃えられて嬉しかった。

金言ではなつき度システムが採用されて、一緒に旅をすればするほど、ポケモンがそれに応えて心を開いてくれるという変化が嬉しかった。

私はゲームの主人公ではないし、現実にもポケモンは存在しないけど、心には自分だけの物語があった。

 

ポケモンがいる生活は、想像するだけで楽しかった。 

どんなに仕事で疲れて、どんなに人間関係で寂しい想いをしようとも、パートナーであるポケモンがいてくれれば救われるのになあ。

ミロカロスが一番好きだけど、実際に一緒に住むとなれば大きな水槽か湖のほとりの一軒家か、どちらにせよ環境を用意するのが大変だから、現実的に考えたらリリーラぐらいがちょうどいいのかな、なんて考えていた。

ポケモンのことを考えると、気持ちが暖かくなった。

ポケモンは私にとって希望であり、共に育った幼馴染のような存在だった。

 

ORAS

私がもっともやり込み、廃人プレイに目覚めるきっかけとなったRSE。一番好きなポケモンであるミロカロスや、一番好きな人間キャラであるツワブキダイゴが登場する、思い入れの強い作品。

そのリメイクということで、期待しないはずがなかった。

オメガルビーアルファサファイア、ダブルパックで予約した。

 

結果、釈然としない気持ちを抱えたまま、シナリオをクリアした。

ネットで話題にされる事を狙ったかのような黒い要素、カガリとウシオのきわどいキャラ付け…そして何より、エピソードデルタでポケモンの生体エネルギーを利用する悪徳企業に改変されたデボンコーポレーションおよびツワブキ親子。

 

違うよね、ツワブキ親子はそんなキャラじゃないよね。ツワブキ社長はゴニョニョのためにカナシダトンネルの工事を取りやめたし、ダイゴさんはポケモンと人々を守るために一緒に戦ってくれたよね。

それも、並行世界だから別人というのだろうか?

 

あの頃の冒険が、純粋に好きだった気持ちが、裏切られた気がした。

 

だけど、RSEがベースなだけあって冒険は楽しかったし、コンテストや秘密基地、図鑑サーチはワクワクしたし、友達に勧められて始めた対戦は面白かったし、まだポケットモンスターという作品を好きでいられた。

 

思えばこの頃から、作中でガブリアスナイトでフライゴンいじりネタに便乗したり、Twitterヌマクロークソコラグランプリに便乗したり、公式が雑にポケモンを扱う予兆はあったけど、その頃はまだ事の重大さに気付いていなかった。

 

ダブルパックで買ったもう1本のアルファサファイアは、まだ開封していない。

 

サンムーン

ORASの件があったことと、公式の情報公開があまりにも多すぎて楽しみに思えなかったことから予約は見送った。

発売1ヶ月後、TLでは信頼する古参プレイヤーたちがこぞって絶賛していたので、きっと良作に違いないと期待して購入した。

 

残念ながら、私の口には合わなかった。

立派なことは言うけど何もしない、何もしないのに持ち上げられる、ぽっと出の人間の女の子を中心として進むストーリーに耐えられなかった。

主人公の存在意義が全く感じられず、ただただリーリエの意のままにリーリエの邪魔者を倒すだけの旅。

表情豊かなリーリエに対して主人公の表情差分が一切なかったことも、主人公が意思を持たない武器扱いのように感じられてつらかった。

 

そして謎に黒くてグロいポケモン図鑑

グロ要素やホラー要素は昔からあったという意見を見るが、ポケモンの恐るべき能力を描写するのと、必要以上にマイナス面を誇張して描写するのは違うと思った。

さらにはポケモン図鑑だけでなく「公式が病気wwwww」とでも言われたそうな小ネタの数々や公式の振る舞いに嫌気がさした。

 

Twitterでは「初代プレイヤーにこそ気に入ってもらえるはず」「今作の図鑑は毒が効いてて面白い」と肯定的な意見を多く見た。

愕然とした。このゲームが駄作なんじゃなくて、自分がついていけてないだけなのか。

悲しいけど、自分はもうこのゲームのターゲットから外れたのだ。批判は控えて、黙って身を引こう。

 

それから、それまでの生活が嘘のように、ぱったりとポケモンに関わることをやめた。

グッズも一切買わなくなったし、二次創作すら見なくなった。

 

 

初めて、殿堂入り前にポケモン本編のソフトを売った。

 

ウルトラサンムーン

たまたま、過去作を題材にした素晴らしい二次創作漫画を読んだことで、過去作やポケモンのことはやっぱり大好きだし、好きだった気持ちは大事にしていこうと思った。

そう思った矢先にウルトラサンムーンが発表された。

サンムーンを好きになれなかったので、続編が来てもマイチェンが来ても好きになれないだろうと思って、とりあえず情報収集だけはした。

 

ポケモン図鑑もリーリエ劇場も過去設定崩壊も余計に悪化してた。

 

「世界一美しいポケモンといわれる」設定のミロカロスが、図鑑で「ヒンバスの姿が好きなトレーナーからすると微妙らしい」と書かれた。

 

キャラクターの魅力で大きくなった会社が、キャラクターを大切にしなくなったら何も残らない。

あえてポケモン好きは雇わないと公言しているが、愛情も思い入れもない人たちにこれ以上過去の素敵なキャラクターを汚されたくない。

もう見てられない。つらい。ゲームフリーク倒産してほしい。

 

 

お別れをします。

さよならポケットモンスター

願わくば、愛に溢れた作り手によって蘇ることを願って。

神絵師のフォロワーに金を払って推しを描いてもらった話

個人的に神絵師という言葉はあまり好まないのですが、あえて短くキャッチーなタイトルにするためこの言葉を選びました。

 

先日、Twitterの相互フォロワーであり敬愛するイラストレーターであるTarai氏に、お仕事として依頼してイラストを描いていただきました。

その結果いいことづくめだったので、こうやって個人的に依頼するのがもっと流行ればいいなという希望を含みつつ、長々と感想を書きます。

 

Tarai氏について

まず初めに、今回依頼を受けてくださったTarai氏(@aitarai)について紹介します。

氏は任天堂作品とトランスフォーマーを中心に活動中の、ビビッドな色使いと臨場感のある情景描写が魅力のイラストレーターです。

 

www.pixiv.net

私が氏のファンになるきっかけとなった一枚です。私の一番好きなポケモンミロカロスを魅力的に描くことに定評があります。

 

www.pixiv.net

背景に重点を置いた作品も多く、息を呑むような美しい世界に引き込まれます。

 

www.pixiv.net

最近はスプラトゥーンのイラストを多く描かれています。持ち前の色使いとスプラトゥーンのインクの色鮮やかさが調和して最高にイカしてますね。

 

www.pixiv.net

キャラクターメインのイラストでは色使いのセンスがさらに際立ちます。なんでそこにその色置いてうまくまとまってんの意味わかんない好き(半ギレ)

 

 私は専門外ですが、ロボットもかっこよく描かれます。

 

挙げ始めるとキリがない!さあ今すぐPixivとTwitterをフォローするんだ!!!!!

 

私にとっては憧れの存在で、今ほどフォロワーが多くない時代だったとはいえフォローが返ってきたのは奇跡だと思っています。

氏は若く、年下ではありますが、ブレない自分の軸を持っていることや好きなものに全力を注ぐ姿勢など、創作だけでなくあらゆる面で尊敬しています。

 

では、本題に入ります。

 

依頼までの経緯

描きたいイメージはあるけど描けない

私はこれでも絵描きの端くれで、物心ついた時から描くことを趣味としてきました。

しかし2017年の年明け直後から多忙に追われ、ほとんど絵を描かない時期が半年ほど続きました。

描かない時期が長引けば長引くほど、アイデアも湧かなくなり、絵としての出力方法もわからなくなってしまい、ごく稀にペンを握ってはすぐ投げていました。

そんな中、Nintendo Switch版カービィの発表で登場したナゴを見て、そういえば未プレイだったな〜と何気なく始めた「星のカービィ3」。

本題から逸れるので詳細は省きますが、結論だけ書くとどハマリしました。

くすぶっていた創作意欲に火がつき、カービィとグーイの絵を描き始めました。 

 

しかし長い間絵を描かなかったことにより、らくがきレベルの絵しか描けなくなっていました。

「2人がいろんなところを旅する絵を描きたいなあ」なんてぼんやりしたイメージはあったのですが、一枚絵として成り立つ構図が思い浮かばず、勢い任せに描いてみてもなんだか全然まとまらない。

見たい絵はあるのに、うまく絵にすることができませんでした。

f:id:namiki_m:20171008132333p:plain

苦悩の跡


人に依頼するという発想

時期を同じくして、Tarai氏のイラストレーターとしての活動が活発になり、Twitterでイラストを目にすることが増えました。

依頼を受けて描いたというイラストも多く、このとき氏のプロフィールを読んで、イラストの仕事を募集中であることを知ります。

見たい絵を自分で思うように描けないことと、ファンとして好きな絵をリクエストしたい気持ちが相まって、日に日に依頼について真剣に考えるようになりました。

 

いろんなことを考えましたが、最終的に決定打となったのは「今が最高のチャンス」という考えです。

将来はもっと名前が売れて忙しくなり、個人の依頼なんて受けられなくなっているかもしれない。逆に、心身や環境に変化があって描くのをやめてしまうかもしれない。ある日インターネットから消えて、連絡手段がなくなることだってありうる。実際に、そんな人は何人も見てきた。

いつかお願いしたい、なんて悠長に考えていたら、チャンスを逃してしまうかもしれない。

そう考えて、今このチャンスを逃すまいと、依頼を決意しました。

 

(追記)描けなくなった問題の解

読み返して、自分が描けなくなった問題について投げっぱなしのように見えたので、補足します。

 

単に、自分で描けなくなったから依頼に逃げた、ということではありません。

自分で描きたくても描けなかった題材を依頼した、というのは題材選びの一要因でしかなく、その挫折があろうとなかろうと、Tarai氏の作品として見てみたい題材があれば依頼していたと思います。

下手に自分の挫折の話を絡めてしまったので主題がぼやけた気がしますが、この記事で伝えたかった主題は 好きなイラストレーターに好きな絵を描いてもらうの最高 です。

 

今回は、見たい絵があるという課題を依頼によって解決しましたが、それはそれとして、きっと私はこれからも細々と描き続けるでしょう。

 

依頼側が気をつけること

ここからは、依頼するにあたって気をつけてよかったと思ったことを書きます。

敬意を忘れない

金を払っている側が傲慢になるという話はどの業界でもありがちですが、依頼側は「自分にできないことだから依頼している」という意識を欠いてはならないと思います。

特に芸術分野においては、その人の作品はその人にしか作れません。

相手の仕事に敬意を払い、些細なことでも感謝しながら進めることで、お互い気持ちいいやりとりができたと感じています。

こんなことは書くまでもなく、少しでも働いたことのある人なら当然持っている感覚だと思いますが、たまに企業のイラスト依頼メールでもひどいものが晒されていたりして、客だからと傲慢になる人は意外と多いのかもしれないと思い、念のため書いておきました。

(でもそういうタイプの人が仮にこの記事を読んだとしてもそれぐらいで改めるとは思えないしやっぱり書く必要なかったかもしれない)

 

何事もまずは確認

上の話と少し似ていますが、自分の希望を「やってもらって当然」と思わずに、確認しながら進めることが大事です。

依頼を受けてもらえるかどうか

まずはこれを確認しなければ始まりません。受けてもらえる前提で話を進めるのは論外です。

私の場合はまず「個人の依頼を受け付けているかどうか」の確認から始まり、依頼したいイラストの概要と予算をお伝えして、承諾いただいてから詳細を詰めていきました。

お金まわり

金額の付け方、契約方法、支払い方法、などはイラストレーターによって異なるでしょうから、事前に確認するのが無難です。

作業の進め方

これもイラストレーターによって異なるかと思います。

途中経過をチェックしながら進めたいなどの希望がある場合は、事前に申し出ておくとスムーズに進みます。大きな手戻りが発生するとイラストレーターに負担がかかるだけではなく、追加料金が発生する可能性もあるので、進め方は事前に相談して決めておきましょう。

今回のイラストは厚塗りだったので後からの微調整にも対応していただけましたが、アニメ塗りのようにレイヤー枚数の多い作品だと色を塗った後の修正が大変なので「線画の時点で一旦チェックを挟む」などと事前に決めておくと良さそうです。

 

相手の趣味や作風にあった依頼をする

これも当たり前ですが、相手の得意分野で依頼するのがベストです。無理なく楽しく描いてもらえるというのは、作品の仕上がりに大きく影響すると思います。

萌え絵描きには萌え絵、リアル絵描きにはリアル絵。餅は餅屋です。

 

二次創作を依頼する場合は、その作品を知っているかどうか、さらに言えばその作品を好きかどうか、でイラストレーター側の負担が大きく変わります。

知らない作品のキャラクターだと下調べや練習の時間が必要になりますし、付け焼き刃の知識では依頼側の期待するキャラクター像と異なるイラストに仕上がってしまうリスクがあります。

ただ、それでもこの人の描く〇〇が見たい!というケースもあるかと思いますので、そこは相談なり布教なりして対応してください(雑)

 

さいごに

今回描いていただいたイラストを、小さいサイズでご紹介いたします。

f:id:namiki_m:20171006235724p:plain

景色はあえて作中のファンタジックなものではなくリアル寄りでお願いすることで、「地球のどこかに彼らが遊びに来ていたかも?」と夢を感じる作品になりました。

それでいて、空気や水の透明感、光が醸し出す神秘的な雰囲気は現実離れしていて、人間が立ち入ることのできない聖域という印象を受けます。私は草になりたい。

釣りに来たはずなのにちょうちょに気を取られて本来の目的を忘れるグーイと、いつものことだからと意に介しないカービィ。お互いの扱いは結構テキトーだけど、一緒にいるのがしっくりくる。構図を依頼するにあたり、私自身の考える二人の関係性について見つめ直す機会となりました。

 

快く引き受けてくださり、最高の仕事をしていただいたこと、心より感謝します。

Taraiさん、ありがとうございました。

こだわりものさし

今日、カウンセリングで聞いた話がとてもよく腑に落ちたので、整理と読み返しのため書き残す。

 

人それぞれのものさし

人は誰しも、自分の考え方の基準となるものさしを持っている。

同じ事象に対して、人によって感じ方が違うのは、ものさしの形状が様々だから。

続きを読む

中3の私へ:君が高専に入るべきではない4つの理由

過去最高に無意味なブログを書きます。

 

社会人6年目にして、最近、自分は高専に進むべきではなかったと考えることが多くなりました。

今更どうしようもないけれど、どこかにまとめて吐き出さないと何度も同じことを考えてしまって、後悔の念に押し潰されそうになってしまうので、ここに思いを綴ります。

 

中3の私よ、どうか考え直してくれ。

 

続きを読む

欠点と向き合う

今日の心療内科のカウンセリングで、なかなか興味深い話を聞けたのでメモ。

知能検査の結果と、現在の自分の悩みとの相関。

 

続きを読む

つらい

つらくなった時に考えることは毎回同じなので、もういっそまとめてしまおうと思い立った。

続きを読む

「すべてがFになる」原作小説感想

最近、モンハンをやらなくなってしまったのとお金がないのとで、休日の自由時間を持て余し気味です。

そこで、読書好きの同居人に本を借りて読むようになりました。

 

今回感想を書くのは、ドラマ化して話題になっている「すべてがFになる」です。

読み終わった後、どうにも本作のことをぐるぐると考えてしまうので、ブログに出力してしまおうと考えました。

 

犯人ネタバレ含みます。

原作未読でドラマを追っている方は、引き返すが吉でしょう。

(ちなみに私はドラマは見ておらず、どういう話をやっているのか知りません)

続きを読む